独自のネットワーク

物件を売却するためには多方面への情報露出がポイントになってきますが、大体の場合は不動産仲介業者を経由して情報の露出を行うことになるでしょう。 この場合に注目しておきたいのが、その業者が独自のネットワークを持っているかというものです。

今はインターネットなどで情報露出をするのが普通ですが、競合相手も容易に入り込めるような場所で情報の露出をしてもそれほど効果は見込めないのです。

どうしても競合相手とユーザーの取り合いになってしまうので、その分だけ集客効果は半減してしまうといえるでしょう。
そのため、まずはその仲介業者に多方面への強力なパイプがあるかを調べてみるとよいでしょう。

これらを調べるのは簡単で、このようなパイプがある業者は、それがそのままサービスの強みになっているので、自社のホームページでそのアピールを大々的にしていることが多いです。 具体的に大手の不動産検索サービスなどへの太いパイプが確立されていれば、その分だけ物件を売却できる可能性は高まるとみてよいでしょう。

このように不動産仲介業者を選ぶ場合には、その他の諸条件と共にどのようなネットワークを構築しているのかを注目してみてください。

そのネットワークこそが業者の実績に繋がる部分なので、これが弱い業者だと高値で物件を売却できなかったり、なかなか物件を売ることができなかったりと、不安材料が残ってしまう原因になります。 さっそくこれらのポイントを考えて仲介業者を精査してみましょう。